--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月12日 (火) | 編集 |
米デラウェア州の地方裁判所に銃持った男が侵入、女性2人が死亡
AFP=時事 2月12日(火)7時31分配信

【AFP=時事】米デラウェア(Delaware)州ウィルミントン(Wilmington)のニューキャッスル(New Castle)郡地方裁判所で11日、銃を持った男が建物の中に侵入し、女性2人が殺害される事件があった。男は警官により射殺された。

 ウィルミントンの警察当局スポークスマンはテレビ放映された記者会見で、「銃を持った1人の男がロビーに入り込んで発砲し、女性市民2人が死亡した」と述べた。

 警官らと男との激しい銃撃戦で警官2人が負傷したが、今のところ命に別条はない。同スポークスマンによると男はロビーで死亡し、庁舎内は徹底的に調べられたという。危険は去ったと確認されるまで、裁判所周辺は警察車両や救急車、消防車に囲まれた。

 米国の地方裁判所や連邦裁判所は通常、厳重な警戒態勢が敷かれているが、今回の事件で男は、金属探知機が設置されている警備区画の外にある人が多く集まる公共ロビーに侵入して襲撃したと、スポークスマンは説明した。

 バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は銃所持に対する規制強化を目指しているが、多くの米国人は規制案に反対しており、この問題は多いに論議を呼んでいる。【翻訳編集】 AFPBB News

米デラウェア州の地方裁判所に銃持った男が侵入、女性2人が死亡
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカこわー。
日本の裁判所もオウム裁判の時はテロの心配あったみたいだけど
私が傍聴し始めたときは無縁って感じだったしなぁ…
(私がそう感じてただけ…?)

日本でこんな事件あったら間違いなく傍聴を趣味にしてなかったな…
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。