--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月21日 (木) | 編集 |
市橋達也の判決、マスコミのバイト動員ハンパなかったです…
集まった希望者は945人。

やーめーてーーーーー



当たる気など全くなく、外れたらさっさと家に帰って(めっちゃ寒くて震えてたし)ミヤネ屋でゴビンダさんのニュースでもチェックしようかな~なんて考えていたら…


当たりました!えー!!!!
無欲だったのか…?私。
前回下着の傾向を変えてみたら当たったので、今回も下着だけは気にしたから?
(くだらないことで楽しんですみません)
譲ってもらったとき、当たったとき、幸せを皆に分けようと傍聴券貸したから?

神様ありがとう。



急いで傍聴券交付所へ行くと法廷画家染谷さんのお姿が!
染谷さんも当たられたようです!ワーイ


普段おっとりしている染谷さんのダッシュを見て、私もテンションが上がりダッシュで法廷前へ!
一般傍聴席の列に並んでいるのは記者さんばかりでした…
金の力恐るべし…

そういえば市橋の顔と髪型がソックリな男性が、黒いシャツに黒いデニム姿で一般傍聴席の列に並んでいました…
この髪型といい、服装といい…偶然じゃないよね?コスプレ?
ファン?悪ノリ?
謎でした。


さっさと並んだ私は、どうぞどうぞとお世話になった法廷画家さんに前を譲り、更に2度も傍聴券を譲ってくださった方が私の後ろにいたので前を譲りました。
目的の席をとれたようだったので少しはお返しできたのでしょうか…
私は一番前で傍聴できました!


市橋は1ミリも動かず判決を聞いていました…
リンゼイさんのご両親は力強く頷き判決を聞いていました。納得したのかな…
初公判から黒いシャツ→白いシャツ→黒いシャツというローテンションでしたが、白いシャツを着た求刑から判決まで日があったので、判決は「身の潔白」をあらわすために白いシャツ(監禁王子的な思考)なのかなーと密かに注目していましたが…


ローテンション通り、律儀に黒いシャツでした



法廷画家さんが見つけた千葉駅の近くの居酒屋(魚がとっても美味しいです!)でお疲れ会をしました
ここの刺身はとても美味しくて、千葉地裁に来るのが楽しみになったくらいです
お疲れ会と言っても、市橋のことにはほとんど触れず、日常のことや旅行、絵の話など。
絵の話になるとより興奮する法廷画家さんは、やっぱりアーティストなんだなぁと感動しました


市橋裁判に通い続けて法廷画家さんとより仲良くなれたし、傍聴券外れたからこそ親切な方に出会えて仲良くなれたし、美味しい酒が飲めたし、千葉地裁はいい思い出でいっぱいになりました


ただひとつ。
閉廷後、市橋が法廷から出るところまで全傍聴人(&記者さん)は見たいというのをわかってると思うのですが、毎回気合入った職員が最前列に立ちはだかり「閉廷しました!傍聴人は速やかに退廷してくださーーーい!」と大声で叫ぶのはないだろ…
傍聴人を全て退廷させてから市橋を退廷させているなら、その大声も理解できる(大声大嫌いだけど)

でも数人が立ち上がったり退廷したら、刑務官が市橋立たせて手錠かけて…とかやっちゃうからこっちは気になるんだよ!帰れないんだよ!


市橋も市橋で、刑務官に引きずられたり、いきなり土下座とかしよーとするし!

こっちは見逃したくないんだよ!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。