--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月14日 (日) | 編集 |
よしろうさんに誘われてメイドが全員バァさんのメイドカフェに行きました@池袋

ものすっごい期待したバァさんの萌えメイド姿でしたが、
本当のバァさんはひとりしかいないらしく、他全員バァさんの特殊メイクでした…

それはそれで楽しいかなと思いきや、
劇団員かよってくらい腹から声出してそれはもう元気すぎるバァさんばかり。
大声が嫌いな私は、うるさくてイライラしました。
誰ひとり腰曲がってません。足ひきずってません。

というかサイトには「メイド役をつとめるのは「われこそはこのカフェのメイドにふさわしい!」と公募で集まった自称・おばあちゃんたち。」と書いてあるわりに撮影禁止とか。えー
自信満々の立候補者たちなら写真撮らせてくれよー

メイドの格好した(偽)バァさん達はカフェの名前にある通り、
アルプスの少女ハイジに出てくるあのロッテンマイヤーがモデルらしい。
クララの家の家政婦長。
(ちなみにカフェの詳細→http://www.festival-tokyo.jp/program/cafe_rottenmeier/)

なので笑顔ナシ(堂々と宣言しています)のクソババァっぷりな接客がなんていうか…私は苦手。
そもそもリアルババァじゃねぇし(´・ω・`)


お店に着いたときはちょうど料理ショーが始まるとかなんとかで満席。
9割が若い女性(腐女子もたくさん)でした。


需要の心がつかめねぇ………!!


一通り見学して満足したので中国人のお店がいっぱいあるエリアで油そばなるものを食べ
レトロすぎる喫茶店でお茶しました。


喫茶店では斜め後ろに座ってた男性2人(ラフな格好したマッチョ坊主とスーツ着た爽やかスポーツマン風)が冴えない男性(後頭部が薄くヨレヨレの服)に対し熱心に話をしていました。

「人生勝ち組になりたいよね?」
「お金いっぱい稼ぎたいですよね?」
「幸せになりたいですよね?」
「見返したい人いますよね?」
「本当の幸福見つけたいですよね?」

と聞こえてくる言葉があまりにアレなんで気になっていたのですが
思いっきり宗教の勧誘でしたヽ(・∀・)ノ やっぱりw


「創価学会みたいなのとは全然違うんで」
「あなたも幸せになって国も幸せになります」

「若い人は宗教と聞くと構えちゃったり警戒したりしますが、ウチは全然違うんで。そういうのないんで。若い人たちが中心となって頑張ってるんで!(満面の笑み)」

えーん
怖いよう…


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。