--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月05日 (土) | 編集 |
「首無地蔵」
言葉だけでも十分怖いのに…

DSCF0067.jpg
案内板怖いYO
恐らく手彫りです…

DSCF0068a.jpg
道からちょっと外れてるのは何で…?


DSCF0069a.jpg
ヤンキーの根性試し?と思わせる足元不安定な崖気味な場所に設置してありました。
誰がこんなところに置いたんだろ…
山を管理するジィ様?w


DSCF0030_20100605220854.jpg
首無地蔵はあっさりしたもんでした


あっさりしすぎて拍子抜けしたので
愛宕山(標高924m)を登ることにしました。
頂上には京都人が愛する愛宕神社があります。


しかし、看板はあるものの距離が一切表記されていません。



時計を見ると16時過ぎ。
携帯は圏外。大丈夫か?




DSCF0036.jpg 
この通り完全な山道です
山登りに必要なチョコレートとウィスキー(&セントバーナード)どころか飲み物すら持っておらず…てか手ぶら。

いちおスニーカーだしぃ~
長袖長ズボン穿いてるしぃ~

DSCF0035.jpg
どこに愛宕神社があるのかわからないまま
とことこ歩きはじめました。

山自体が神聖なもんでミーハーな茶屋どころか自販機だってないんDAZE
天狗はいるけどな。
リスが木を駆け上ってました(萌)
蛇がシャーって横切って思わず悲鳴あげたよ。

熊もいるらしいからずっと鈴鳴らして歩きました。


歩けど歩けどなかなか着かない。
途中、横歩きじゃないと通れない細すぎる道(下は約60度の崖)や
ロープつかみながら歩かないと危険な細い岩道。

後悔して何度も戻ろうかと思ったけど
「もしかしたらもうすぐ愛宕神社かも…」と思うとなかなか引き返せません。

DSCF0041_20100605221013.jpg
途中また怖い案内板

DSCF0042a.jpg
これもまた目立たないとこに立ってますw

DSCF0034_20100605220853.jpg
字が汚い、ななめという脱力系案内板
てか字が薄すぎて読めないし…


DSCF0043.jpg
京都の街を見下ろせました
周りの山より高~い

結局50分ほど歩いてました…






DSCF0047.jpg
愛宕神社に到着~♪


DSCF0046.jpg
長~い階段を上ると…


DSCF0051_20100605221628.jpg
猪がお出迎え♪


30万☆
30万納めた人の石碑がズラリw



更に奥にはでっかい石碑が建っていたので見に行くと…

DSCF0054a.jpg
参拝登山5千回!?エー!!


365日毎日登って10年でも3650回…
5000回て巌、どんだけ!!!


DSCF0056a.jpg
ちょっと歩くと参拝登山3千回の石碑が!
5千回と比べるとちょっと小さいですw


てか3千回と3千日ってのが混ざってるけど違うのかなぁ…
それとも神主的にはどっちでもいいのかな…


DSCF0057a.jpg
更に千回ともなるともうたくさんでありがたみ無し!w
30万のやつと同じ大きさでした

DSCF0058_20100605221751.jpg DSCF0059.jpg
本殿には阿吽の猪。


DSCF0060.jpg
鴨居にも猪。

ゆっくり参拝していたら17時過ぎてたので慌てて下山。
下りなので40分ほどで首無地蔵まで行けました。



【愛宕神社メモ】
★大宝年間(701年-704年)に創建
★1582年(天正10年)5月、明智光秀は戦勝祈願のために愛宕神社に参蘢し、本能寺の織田信長を攻めるかどうかを占うため籤を引き、3度の凶の後、4度目に吉を引いたという
★午後から山に登ると下山するまでに日没になってしまい外灯が殆ど無いため懐中電灯を装備していないと遭難状態となる事がある


DSCF0026.jpg DSCF0024_20100605220855.jpg
可愛い看板発見。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。