--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月13日 (水) | 編集 |
仕事でも探そうかとネットしていたら寄り道寄り道を繰り返し
いつの間にかある神社の情報サイトに辿りつきました。


その名も猿丸神社。





猿…


ちなみに私は申年(・ω・)
十二支の中でもウシ、ウマ、トリくらい好きじゃないサル。
だってなんか可愛くないし。←大した理由ではない
動物園は好きですが、うるさいし臭いので猿山には近づきません…

そんな思い入れのない猿でしたが
神社巡りをするようになって猿がちょっとずつ好きになってきました。
猿がいる神社はあまり見ないので特別な思いが芽生えてきたんです。


で、猿丸神社はどんな神社なのか見てみると…

祭神は三十六歌仙の一人として知られている猿丸大夫。(すんません、自分知りませんでした)
この神に願えば殊に癘症・傷症等の神験を得る者が多数ありといわれ、山城地方の信仰を中心に広く崇敬を集めているそうで地元の人々から猿丸さんと親しまれ毎月十三日の月次祭には霊験を慕う人で賑わいを見せているようです。

なんと癌封じのお守りがあると書いてるではないですか!
これは両親に買わねば…!




猿丸神社はどこにあるんだ!?




…京都府綴喜郡。





どこそれ(・∀・)



行き方を調べてみると宇治まで行って(←既に萎える)
そこからバスに乗って30分、更に徒歩45分と書いてます!
どんだけ山奥に行くんだよ!(゚Д゚)

しかし、毎月13日は月次祭があるから臨時バスが出ていると書いてます。



13日…




明日…いや、もう日付変わってるから今日じゃん!
迷いましたがせっかくなので寝ないで行くことにしました。
(一度寝たら昼過ぎまで起きられないので…エヘヘ)




その日は今年一番の冷え込みでした…


地下鉄で京都駅まで行ってJRに乗り換えて宇治駅(各駅で所要26分。230円)へ。



DSCF0049.jpg
宇治駅には不思議な形のポストがありました。



不安でいっぱいだった「維中」行きバスは1時間に2本…
コンビニで温かいお茶を買って極寒の中20分バスを待ちました(ノД`)


バスに乗っていたのは9人くらい。
途中1人か2人乗ったり降りたりで
終点の維中前(所要30分400円)で下車したのは6人。

うち老人5人(ノ∀`)


皆さん京都訛りですぐに打ち解けていました。
なんと全員80歳越えと判明( ゚Д゚)ヒョエー


臨時バスも1時間に1本か2本でした。
なぜか乗り継ぎが悪く、20分待ち。
小屋の中で待てましたがめちゃくちゃ寒かったです!

完全に体が凍った頃、バスが来ました。


バスは山道を走り小さな集落(バス停の名も「上手」「下手」となんか味気ない)を通って猿丸神社へ。(所要10分。180円)


車で参拝に来る人が多いようで、それはいいのですが駐車場に停めずそこら中好き勝手に車を停めているのでバスがバス停まで着かず途中で降ろされました。


DSCF0052.jpg
駐車場では老人の案内人が老人の運転する車を案内するという油断できない環境で(3度ほど轢かれかけました)、物産展もやっています。
野菜やはちみつ、餅など売っていました。

DSCF0051.jpg
村おこしらしい。




DSCF0053.jpg
一の鳥居。
大きくて立派です。

DSCF0055.jpg
緩やかな坂を上ると裏参道。


DSCF0057.jpg
更に坂を上がると表参道です。



DSCF0064.jpg
めっちゃ人が多かったです!
老人だらけ!さすが月次祭!


DSCF0058.jpg
お目当ての狛犬ならぬ「狛猿」


DSCF0061.jpg
もう一匹。

「あ・うん」じゃないのかなー
どっちも口を閉じています。
それにしてもこの座りかた…可愛いー!(*´∀`)  

参拝に来た人はこの猿の頭、腕、足と触っては
自分の体の同じ部位をさすっていました。
ご利益があるのか大人気です!


DSCF0063.jpg
絵馬も猿……………じゃなかった!太夫さん。


DSCF0073.jpg
本殿では木の棒の束を持って本殿のまわりをくるくるまわり、一周するごとに木の棒を1本ずつ納めるということをやっているので老人で大渋滞!
木の棒は10本くらいあったのでそれだけくるくる周ってるのでしょうか…

DSCF0074.jpg
こんな小さな子供まで参加していました。


DSCF0075.jpg
そして人が多すぎてすぐ木の棒でいっぱいになってしまうので
すぐ回収する神社の職員さんwww


DSCF0070.jpg
本殿にはこのようなコブのついた木が置いてあります。

DSCF0069.jpg
ご利益のあった人が感謝の気持ちをこめて納めたものなんだそうです。
このコブで体をさすっている人がたくさんいました。


CA392236.jpg
癌封じのお守り(各五百円)GETです!


CA392232.jpg
愛らしい猿の一刀彫も買いました(2千円)
私の身代わりになってくれるらしい。
頼りにしてますよ( ´_ゝ`)  

DSCF0170.jpg
立派な桐の箱に入ってます☆


用事が済んだので即刻帰りたいのは山々でしたが
帰りのバスが来るのは約1時間後…orz


境内をウロウロしていたら甘酒を無料でいただけました。
生姜たっぷりで美味しかったです♪(´∀`)暖まるわ~



てか…私、甘酒好きじゃなかったんだ…


ま、いっかw



徹夜明けだったので家に帰ってソッコー寝ました。



【猿丸神社】
〒610-0201 京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字粽谷44
tel 0774-88-3782
9時~16時 

<行き方>
JR奈良線or京阪宇治線「宇治駅」、近鉄京都線「新田辺駅」下車 
(1時間に2本くらいの本数の)バスで「維中前」停留所下車。
バス停からは徒歩25分とも40分とも書いてますが私は歩いてないのでわかりません。
車の多い道できちんとした歩道があるわけではないのでお気をつけください。
猿丸神社までの行き方を書いたパンフレットがバス停に置いてありました。

※毎月13日に維中前から臨時バスが出ていますが
終バスは14時台だったかと思います。
早めに行かれることをオススメします。
猿丸神社情報

この地図www↓

大きな地図で見る
スポンサーサイト
テーマ:京都
ジャンル:旅行
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。