--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年12月06日 (日) | 編集 |
いつものようにぼんやりとBSニュースを観ていたら
ある裁判の判決がニュースで紹介されました。


留学生、犯人が複数、事件に謎の部分が多い


このキーワードでハッとしました!



これって去年イタリアを旅行してるときに知り合った方が教えてくれたオススメ裁判では!?
事件はイタリアのペルージャか!?


ニュースでは「イタリア中部」としか紹介されていなかったので
急いで被告名でネット検索。


すごい事件でした!







2009年12月05日(土)13時19分
英留学生殺害で米女性有罪
伊、異常性で国際的関心

アマンダノックス
4日、イタリア・ペルージャの地裁に出廷したアマンダ・ノックス被告(ロイター=共同)


【ローマ共同】イタリア中部ペルージャで2007年、英国の留学生でルームメートだった女性をナイフで刺殺したとして殺人罪に問われた米国人女性アマンダ・ノックス被告(22)らの判決公判が5日までにペルージャ地裁で開かれ、陪審団は同被告に禁固26年、共犯者とされた元交際相手のイタリア人男性に同25年の判決を言い渡した。
 イタリア主要メディアが伝えた。ノックス被告が大麻吸引の上、乱交に加わるのを拒んだため女性を殺害したとの異常性に加え、同被告の美ぼうや米国での支援活動があったことで、事件は国際的関心を呼び、欧米メディアは特集を組んで判決を伝えた。



9月に「もううぐ初公判だよ」と教えられたのですが
裁判はもっと前からやってたようです。


なかなか複雑な事件だったようで…
傍聴したかったけど(この話を聞いたあとすぐスペイン行きが決まってたので行けなかった)、いっぱいだったのかなー
てか傍聴券とか出たのかなw
TV中継されてたっぽいけど…どうなんだろ。


記事をここにとっておきます…
事件本欲しいな~
日本では大して話題になってないから翻訳ないかな~

******************************


事件は2007年11月に起きた。ロンドン郊外から留学してきたケルヒャーさんが、ペルージャ市内の自室で半裸姿のまま、のどをかっ切られて亡くなっていた。しかも、性的暴行を受けていた。

 まもなく、部屋を共有していたルームメートで米シアトル出身の留学生のノックス被告、ノックス被告の元交際相手で医者の息子、ラファエル・ソレシト被告(25)、ノックス被告の知人でコートジボワール人男性、ルディ・グエデ被告(21)の3人が逮捕された。

 しかし、ノックス、ソレシト両被告は否認。大麻吸引のため、「当時の記憶がぼやけている」としながらも、犯行時間帯にはソレシト被告の家にいたと主張した。

 検察側は、ソレシト被告の自宅で発見した刃渡り約16センチのナイフを凶器と主張。ナイフの刃にはケルヒャーさんのDNA、柄にはノックス被告のDNAが付着していた。また、ケルヒャーさんの下着からは、ソレシト被告のDNAも検出された。

 10月10日に行われた公判で、ペルージャの裁判所は、弁護側が提出していた凶器を含む証拠品の再鑑定要求を却下した。

 これまで、検察側が提出した凶器については、「ナイフの大きさがケルヒャーさんの傷口に合わない」などとする科学捜査の専門家の証言もあり、弁護側は「ナイフに付着していたDNAは、劣化している」などと主張、証拠能力に疑義があるとして別の鑑定機関での再鑑定を要求していた。

 却下が言い渡された瞬間、法廷にいたノックス被告は不安そうなまなざしを弁護士に向けたという。ノックス被告の弁護士は公判終了後、不快感を表明したが、これで争点となっていた証拠の審理が打ちきりとなり、検察側が提出した鑑定結果が取り入れられることが濃厚となった。

 来月20日の公判で結審を迎え、12月初旬には判決が出る見込み。

 そんな中、10月9日に、米CBS放送のニュース番組にゲスト出演したノックス被告の母親は、一審敗訴の心構えができているとしながら、司会者の問いかけに「イタリアでは、正義がいつも正しく報いられるわけではないと複数の人物から警告を受けている」と話した。

 米国では、地元のシアトルを中心にノックス被告の無罪を信じる人権団体が活動しており、DNAの再鑑定についても、米国内で実施しようという動きがある。

 母親は「米国の裁判所で再鑑定ができないなんて、恐ろしいことだ」と訴えた。

 一方、来月18日には、すでに一審で懲役30年の有罪判決を受けながら、「2人(ノックス、ソレシト両被告)にはめられた」とするグエデ被告の控訴審が開始される。裁判は、ノックス被告の判決の行方にも何らかの影響を与えかねない。

 米国内でも注目されたセンセーショナルな事件だけに、判決の結果次第では、イタリア司法当局の捜査手法を問う声が高まる可能性もある。

 検察側によると、被告らは犯行時、大麻を吸引しており、ソレシト被告がケルヒャーさんを押さえつけている間に、ノックス被告がナイフでケルヒャーさんを脅した。その後、グエデ被告が性的暴行を試みようとした際に、ノックス被告がケルヒャーさんの首を刺したとされる。

*****************************

イタリア
集団セックス殺人の「推定有罪」
Guilty Until Proven Guilty

司法の判断はともかく、世論という法廷ではノックス被告は有罪判決を受けたに等しい

2009年12月03日(木)17時03分
バービー・ナドー(ローマ支局)


nokkusu.jpg
天使か悪魔か 公判に姿を現したノックス被告(11月30日) Alessandro Bianchi-Reuters

アマンダ・ノックスといえば、イタリアやアメリカ、イギリスでは誰もが知る名前だ。みんな顔を見ればノックスだとすぐ分かるし、彼女が犯したとされている犯罪はつとに有名だ。

 22歳のノックスはアメリカのシアトル出身。2年前、イタリア留学中にイギリス人のルームメイト、メレディス・カーチャーに性的暴行を加えたうえで殺害したとの罪に問われている。

 イタリアのペルージャで裁判が始まったのは今年1月。判決は12月4〜5日に出るとみられている。もし有罪となれば、終身刑を言い渡される可能性が高い。もし無罪なら、すぐにシアトル行きの便に飛び乗るだろう。大勢のジャーナリストをお供に連れて。

 だがたとえ刑を免れたとしても、ノックスのイメージはすっかり傷ついている。彼女はもはや、人々からどう見られるかを自分でコントロールすることはできない。

 メディアではノックスは「天使の顔をした悪魔」として描かれることもあれば、「どこにでもいるさわやかな女の子」だと伝えられることもある。報道は過熱した。イタリアではしばしば、ノックスの写真が新聞の第一面を飾り、イギリスの大衆紙は彼女のことを性悪女のように書き立てた。

 多くのブログで取り上げられ、事件をネタにした本は6冊も出た。テレビ局はドキュメンタリー番組を作った。ブロガーも作家も番組制作者もみんな、事件やノックスへの世間の強い関心を利用して金を稼ごうとしている。

 ノックス自身、本の出版交渉をしている最中だとの話もある。彼女の人生を描いた映画の計画までうわさされている。まだ22歳だというのにだ。

 ノックスという人物をめぐってはすでに報道しつくされた感があるが、まだ謎の部分も残っている。

 着る服やメディアへの応対について批判されることもある(バレンタインデーの公判に『愛こそすべて』と書かれたピンクのTシャツ姿で出廷したり、法廷に入るたびにカメラの前で微笑んでポーズを取ったりしているからだ)。カメラはしばしば、公判中にノックスがノートに何を書いているかまで撮影している。

家族の行状もすべて報道
 論告求刑で検察はノックスのことを「極悪非道で悪魔のような女」だと述べ、強い性的欲求から強姦と殺人に及んだと主張した。長きにわたった公判のなかで、検察側の証人はノックスの身だしなみや性生活、使っていた大人の玩具について証言を行なった。

 ノックスが感情をあまり表に出さないとメディアは「冷淡」だと報じ、逆にあらわにすれば「変人」扱いした。故郷シアトル時代の生活もほじくり返され、ペルージャにやってきた家族の行状も逐一、報道された。

 ノックスの弁護団は最終弁論の大半をメディア批判に費やした。「彼女は世論という法廷でも裁かれてきた。われわれはそれをまともに取り合わないようにしてきたが」と、ノックスの弁護士のカルロ・ダラベドバは12月1日、陪審員に向かって訴えた。

 もっともノックスの両親は、裁判が始まってからというものアメリカのテレビで娘の弁護をしてきたのだが......。「世論の戦いに勝つのは不可能だ」

 イタリア当局も法廷闘争を開始した。11月27日、イタリアに到着したノックスの両親は自分たちが名誉毀損罪で捜査対象になっていることを知らされた。イギリスの新聞に対し、娘は警察に殴られたと語ったためだ(ノックス自身は警官に殴打されて嘘の供述を強要されたと述べているが、弁護団は警察の違法行為を申し立ててはいない)。

 ペルージャ警察にとっては、先手を打って告発することは殴打の事実を否定するとともに、イタリア国民に対してノックスの供述が強要されたものではないことを印象づける目的がある。



大きく食い違う「事件の核心」
 イタリアの陪審員は、事件に関する報道やネットのブログを見たり読んだりすることを認められているから、世論は裁判の行方に大きな影響を与えうる。巷でよく言われる「セックスに夢中な男好き」というノックス像は、親しい人々の言う彼女の人物像とはかけ離れている。

 11月30日、ノックスの元恋人で、共犯とされるラファエル・ソレチトの弁護団は、ノックスのことを警察署で尋問を待つ間、「現実に押しつぶされそうになって側転をするような無邪気で単純な女の子」だと擁護した。ノックスのことを、言葉も十分に分からない外国で困難な状況に置かれた若い女性として描きだそうとしたのだ。

 ノックスの弁護団も、彼女がかつての上司を犯人として名指しした(のちに無実が判明)のは警察から「何か話をでっち上げろ」と強要された挙げ句のことだったと主張した。またノックスの犯行を示す証拠がほとんどない点を指摘。捜査は初動からの過ちを引きずっており、ノックスはその犠牲者だと述べた。

「われわれは誤認と嘘の砲撃で迎え撃たれた」とダラベドバ弁護士は言う。「真実を隠すことはできても、それを嘘で置き換えることはできない」

 残された最も大きな謎は、なぜどのようにカーチャーが殺されたかだ。検察側と弁護側の主張には大きな隔たりがあり、まるで違う事件の話を聞いているようだ。

 だが判決がどうあれノックスは今後、「刑を逃れた殺人者」か、「混乱したイタリア司法の犠牲者」か、もしくは「罪の報いを受けたアメリカからの侵入者」か、いずれかの役割を演じなければならないだろう。そして役柄を選ぶ権利は認められていない。


***********************

[2009年6月24日号掲載]

 イタリア中部ペルージャで、イギリス人留学生メレディス・カーチャーが自宅で集団セックスを強要された上、惨殺されたのは07年11月のこと。イタリアでは先週、この事件の裁判が高い注目を集めた。被告の1人でカーチャーのルームメイトだったアメリカ人留学生、アマンダ・ノックス(21)が証言台に立ったからだ。

 清楚な印象の白いブラウスで現れたノックスは落ち着いた様子で6時間近い証言を行った。彼女は殺人の罪に加え、無実の知人パトリック・ルムンバを犯人として名指しした件でも罪に問われている。

 なぜ彼の名前を出したかという質問に、ノックスは警察に厳しく尋問されたからだと答えた。弁護士の同席なしに夜通しの尋問を受けた末、ルムンバが犯人だとする供述書にサインするまで脅されたり頭をたたかれたりしたという。「何が想像で、何が現実か分からなくなった」とノックスは語った。

 ノックスを尋問した警官は今年2月に行った証言で、彼女には厳格に接したものの暴力を振るったりはしなかったし、朝食まで提供したと主張した。

 事件当夜のアリバイについても、当初ノックスは自宅にいたと供述していたが、法廷ではイタリア人の恋人ラファエル・ソレチトの家に泊まったと証言。警察では「頭が混乱して、だんだん自分がその場にいたんじゃないかと思い始めた」と、ノックスは語った。

 彼女をめぐる謎はまだ多い。カーチャーの血液とノックスのDNAが家のあちこちから検出されたのはなぜか。カーチャーのDNAが検出されたナイフの柄の部分から、ノックスのDNAが発見されたのはなぜか。今後も公判の行方を見守るしかない。


************************

[2009年9月23日号掲載]

 イタリアのペルージャで、イギリス人留学生メレディス・カーチャーが集団セックスを強要されたうえに惨殺されたのは07年11月1日。被告の1人として裁判を受けている米シアトル出身のアマンダ・ノックスは、劣悪な環境の刑務所に入れられている。有罪と決まったわけではないが、彼女の人生は崩壊したも同然かもしれない。

 とはいえ周辺の人々も立ち直れないほどの傷を負った。カーチャーの母親は鎮静剤を常用。ジャーナリストの父親は裁判費用を捻出するため、事件についての本を執筆中だ。いずれ裁判で有罪を言い渡される者を相手取り3300万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こしているが、裁判に勝っても娘は戻らない。

 ノックスの両親は離婚。父親によると、裁判やイタリア行きの費用で莫大な借金を背負っている。父親は現在、失業中の身だ。

 ノックスが当初、犯人と名指ししたパトリック・ルムンバは、経営していたバーを閉店。無実の罪で2週間投獄された彼はノックスに50万ドル以上の賠償を求めている。犯人の1人として懲役30年の有罪判決を受けたルディ・ハーマン・グエデは、犯罪現場にいたことは認めたが殺人とは無関係だと主張。控訴審は11月に始まる。

 ノックスの恋人で被告でもあるラファエル・ソレチトの弁護士の2人は協力関係を解消。法医学の専門家として雇われた人の間でも意見が対立し、何人かが身を引いた。事件のブログも花盛りで、シアトルではブロガーが別のブロガーを警察に訴える事件まで起きた。

 イタリアの裁判は時間がかかるが、この事件の裁判の進み具合はとりわけ遅い。ノックスとソレチトが殺人罪などで有罪になれば終身刑が宣告される。だが判決がどうなろうと、本人たちはもちろん、周囲の人々の人生にとっても事件は消せない傷になるだろう。

**************************

とゆーか産経新聞の佐々木正明さんの記事を読んだら
事件の全体が一発でわかりました!
産経新聞の記事(写真もいっぱいあります)

**************************

アマンダ入廷


法廷で喋ってる!

http://www.youtube.com/watch?v=JqQjYZWXooU

アマンダ両親!(CMつき)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。