--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月21日 (水) | 編集 |
珍しく京都駅の方へ行ったので、歩いて養源院まで行きました。
結構近かったのですが、人気のない道だったので心細かったです。


DSCF0202_20091022223320.jpg
一心不乱に歩いていたら通り過ぎました。
向かいの三十三間堂がハデハデしくすぎて気がつかなかった…


DSCF0205.jpg
ものすご~くちょっとだけど色づいてました

DSCF0206 (2)
モミジはまだまだですね

DSCF0207 (2)
血天井に到着~
金木犀のいい香りが漂ってました~


入り口で拝観料450円を払うと、見学している最中の団体に合流させられました。
自由に見学はできないようです。

案内の方が小さなラジカセを持って説明テープを流します。
最高に味気ないです。
テープが終わるとすぐ移動しないといけないので、ゆっくり見学できないのが残念です。

血天井は案内の方が竹竿を持って「ここが頭、胴体、足を組んで倒れた姿勢です。」などと淡々と説明するのですが、これまた味気ない。

源光院の方が広いし、光がたくさん入ってるので見やすいかなと思います。


見学した前半の5分くらいは5人の修学旅行生と一緒だったのですが、全体で7人になっただけでじっくり見れない気がしました。
修学旅行生が途中で帰り、私と男性2人きりになったら襖絵に近づけました。
(薄暗くてかなり近づかないと襖絵が見えませんでした…)

男性も途中で去っていき、いよいよ私ひとりかなぁと思ったら、女性2人組が合流してきました。


撮影禁止なのでぜひ訪れて直接見てみてください。
中学生のときは全く興味のなかった鶯張廊下よかったです。



なんか疲れたので家に帰って少し寝てから夜中に加茂川へオリオン座流星群を見に行きましたが、曇っててダメでした…残念。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。