--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月22日 (土) | 編集 |
2007年10月

საქართველო თბილისი
(グルジア トビリシ)
Georgia.png


グルジア文字萌~(*´ω`)


セルビスが出る16時半にバス会社へ行くと
「バスは20時発だからここで待ってろ」と言われました。えー。

小説を読んでのんびりと過ごしていると、
色々な職員が来てはチャイを持ってきます。

もういらねぇよ…(´・ω・`)ショボーン
(おかげでトイレが近くなり、道中地獄でした)

バスはガラガラでよく眠れました。
売春婦系のロシア人が沢山乗っていました~

前の方に座ってたオッサンがニコニコして私の後ろに座ってきました。
とりあえずカバンに入れてた財布とパスポートを移動(なんとなく警戒)
あとはイスの隙間から手が伸びて痴漢に遭わないように
腕を組んで胸を隠し、体に洋服をかけておきました。

特に何事もなく、休憩所でトウモロコシを買ってきてくれました。


…なぜ?


1時間おきくらいに「チャイ?」と聞いてきて
「ノー」と言っても笑顔でチャイを持ってきてくれます。

別にいらないのにオッサンが使ってるエア枕を貸してくれました…
そして寝てる間にオッサンの上着がかけられてました…


何!?


下心あるのかないのか…別れるまで油断できません。
(結局何もなく、ただのいいオッサンでした)


なかなか国境に着きません…

国境に着いたのはなんと朝の9時半!
あっという間に12時間越えてました。

てか…
到着予定の時間すらとっくに過ぎてないか…???
どうなってるの?


出国スタンプはなんなく押してもらえました。
(国境のポリスにまで「チャイ?」と言われました…飲まねぇYO!)

みんなダラダラと歩いてグルジア側へ。


ひとりひとりのバスからカバンを出し、
全員カバンを開けての荷物チェック。

…が。
私はツーリストって事でチラ見もされませんでした。


国境も超え首都トビリシまであと少し!ってとこでトラブルが。
なんと「バスはここまで」と乗客全員、国境で降ろされました。
7086.jpg



勿論、ここから公共の交通手段はありません。

どういう事!?

幸いにもバスに乗ってたグルジア人のほとんどが英語を話せたので
状況を聞く事が出来たのですが、現地人も訳がわからない様子。
バス壊れたの…???

てか…
この国の国境って危険地域じゃなかったけ…ソワソワ


7087.jpg

不安を掻き立てる雄大な大地

「誰かキレたらバスに乗せてもらえるんじゃね?」
と心の中で誰かキレるのを期待しました。

キレそうランキング1位だった売春婦風の熟女がガンギレしました。


絶叫し、なんと泣き出してます…!!
バスをガンガン叩いたり蹴ったり…
仕舞いには勝手にバスに乗って座り込んでます…!!

外国人は感情豊かだなぁ…


熟女は勝手に大量の荷物をバスに積み込んだりして運転手とモメにモメ、
なんとバスに乗って首都まで行ける事になりました☆ヤッター
ロシア人、ありがとー!

時計を見ると14時…
結局、トビリシに着いたのは17時回ってました。
死ぬほど疲れて放心状態。

着いたバス停もわけのわからないトコでした。
周りの人に道を聞いてもタクシーしかすすめられず…
初めて来た国で自分がどこだかもわからないのに
タクシーとかありえないから(σ・∀・)σ

ターミナルをウロウロして
英語を話せそうな小奇麗なサラリーマンに声をかけました。

親切なそのサラリーマンに事情を話すと、
「あと15分くらいで私の車が来るから良かったらホテルまで送ってあげるよ」と言ってくれました。

マジで?ワーイ

一人だったら絶対に乗らないけど
バスで一緒だった日本人ダンシもいるから大丈夫だろ…
って事でお世話になる事にしました。

安宿の場所はさすがにわからなかったみたいで
携帯から宿に電話して道を確認してくれました。

宿に行くまでの道を軽く観光案内してくれました。
逆に怖くなってしまうくらい優しかったです。

無事に宿の目の前まで送ってもらいお別れ。
勿論、特に何も要求されず。

あざーっす!


トビリシは旅人の間で有名な超ki-ke-n地域です。

被害状況は主に強盗。
ナイフで脅されるくらいならいいけど、
集団でボコられて全てもっていかれるトカトカ。
各国の日本人宿で見る情報ノートは、
トビリシでの被害ノートに変わってるんじゃないかってくらいヤバいです。

ハッキリ言って防ぎようないんじゃないか?
ってくらい被害の話を聞きますwww

とにかく怖くて暗くなったら外に出られません。
トビリシに着いた日は私もなんとなく怖くて
日本人宿に泊まってる旅人5人で貴重品は全部宿に置いて
500円だけ持ってレストランへ行きました。
めっちゃ早歩きでw

グルジアはグルメな国だけあってご飯めっちゃ美味しいです!
ロシアにある水餃子もこっちの方が美味しかった。
手のひらサイズでひとつ30円しないくらい。安い!

9992.jpg

ヒンンカリ

1個からの注文はやってない店がほとんどなので
みんなで行って沢山注文し大皿に乗せてもらいます♪

ロシアでは、日本の中華料理くらい
グルジア料理がメジャーで人気だそうです(´∀`)納得


油断すると牛さんの頭が店先や道端に置いてあって
心底ビックリするんですけどね!

7048.jpg

心臓止まりました。

文字フェチとしてもこの国は最高です!
呪文のようなグルジア文字の虜になりました!

7095.jpg

マックの看板~グルジア編~

全然読めない!!ハァハァ


ところで。
何で自分がグルジアに興味を持ったかと言うと、
コビアシヴィリというイケメンサッカー選手の出身国だからです(照)

現在はブンデスリーグ(ドイツ)のシャルケ04ってチームにいます。
サッカー好きの日本人に会ってきましたが、
彼を知ってる人はいませんでしたw

唯一知ってたのは
ヴィジュアル系大好きなドイツ人のカイくんだけ。
ま、サッカー好きだしドイツ人だしねw


来ちゃったよ…
コビアシヴィリ♪(人´∀`).☆.。.:*・゜


トビリシではあろうくんという大学生(休学中)のダンシ
とよく一緒に行動してました。

大学を1年休学して3月~8月までチュニジアで働き12月まで旅行し、
帰国したらすぐに就活の面接をしまくるそうです。

旅行中もノートパソコンを持ち歩いて就活情報を集めています。
ご立派!

時代は変わりましたね…
旅行しながら(しかも海外で)就活だなんて。


それにしても「あろう」なんて名前、珍しいなぁと思いませんか(・ω・)
少女漫画「目隠しの国」であろうくんってイケメンキャラいたけど…
(↑かなり好きな漫画です!)
それ以外、聞いた事も会った事もないです。

名前の由来を聞いてみると…
「親が将来国際社会に出た時、外国人に呼びやすい名前を…と思ってつけた」
との事だそうで…



時代は変わりましたね。



あろうくんは全くスレてなく、
とても感じのいいダンシでした。
そして英語ペラペラで助かりました。

日本人宿で知り合ったRさんとあろうくんと3人で丘を登って
グルジア正教の教会へ行きました。

地下鉄に乗って中心より少し外れた駅で降りました。
グルジアの団地が駅前にどーんと建ってました。

団地マニアの為に写真載せますね~
DSCN7196.jpg



7192.jpg

地味~な教会☆
日曜だったのでミサに訪れる信者でいっぱいでした。

ちょっと一休み。
トビリシはちょっとしたオブジェが結構多く
しかも自分のツボにくるものが多くて気に入りました♪

7236.jpg

こんなのとか。


7238.jpg

こんなん。


グルジアの母を見に丘を登りました。
運動不足の体にはキツい丘でした…(ノД`)グフ

しかし、素晴らしい見晴らしでした~
7208.jpg


トビリシにはクラ川という大きな川が流れています。
7221.jpg





これが…


これがグルジアの母…!!


7210.jpg

美しい!
手には槍を持っています。


下から見上げてみました。





7215.jpg

怖い…!
((;゚Д゚))ガクガクブルブル   


旧市街を歩いていたらちょうど収穫祭か何かの祭りだったらしく
人々で賑わいかなり盛大に祝ってました。

民族衣装で歩く女の子達(萌~)
7226.jpg


つけっ鼻を買ってもらってハシャぐ女の子(萌~)
DSCN7197.jpg





仕事そっちのけでチェスに夢中な警察たち…
この国も警官が腐ってるみたいです!
7228.jpg



顔に国旗をペイントした可愛い子供がいたので
撮影をお願いしました。


Σ(゚Д゚;) 

あぁぁぁぁ…



7247.jpg

オヤジはいらないからっ…!


2分おきくらいにパトカーが目の前を通過。
どさくさに紛れて撮影しまくりました!モヘッ

N7241.jpg

ピカピカのパトカー!

7250.jpg

グルジア文字萌~


食べ物の屋台が出ていました!ヽ(・∀・ )ノ ワーイ☆




屋台と言っても…

7260.jpg

こんなん…

売ってるものは、豆、練りアンズ棒、フルーツ…エンドレス。
同じもの売らない方が儲けると思うんだけど…

広場のいたる所で煉りアンズ製作中。
7261.jpg



油が浮き出たスナック菓子を
歩き売りするオジさん…その在庫はいつから…?



貧しい国なんだなぁ…と思いました。
いや…ものがあるだけマシか…

顔にペイントしてもらう女の子。
グルジアの子ホント美人!
7263.jpg



よく見ると黄色いトレーナーに
一休さんの刺繍がいっぱい!流行ってるか…
7231.jpg



路上でよく「体重量り屋さん」を見ますが
こんな古い体重計、久々に見ました…!

7232.jpg

アンティークゥ~☆



グルジアは危険国だけあって旅行者が少ないと聞いていましたが、
世界で唯一スターリン像が立っているというゴリという街で
日本人の団体ツアー旅行者達(主に50代後半~60代)に遭遇しました!

思わず「何でこんな国にいるんですか~?」
と聞いてしまいましたがお互い様ですよね…w

日本人って本当にどこにでもいるんだな~と思いました。


スターリン博物館、なかなか良かったです♪
最低なクオリティのスターリンキーホルダー(1ドル)を買いました(・∀・)
旅人の心を刺激しまくったスターリンの激アカTシャツは、
日本人の旅人が買い占めてしまったのか売り切れ…無念です。


あろうくんと裁判所探しをしました。

グルジアにはツーリストインフォメーションも日本大使館もないので
首都の中心あたりに行って通行人に聞いてみました。

運よく最初に聞いた人が知ってました~☆ワーイ


裁判所の周りは高級官僚が住むマンションなどがあるようで
警察が沢山いてピリピリしていました…


住所はここで~す☆
7182a.jpg


裁判所全体
7177.jpg



入り口に近づいてみました!!


7180.jpg

美しい正面玄関だ~♪


(;゚ Д゚) …?!



7173.jpg

なんと最高裁でした…ガーン
自分は地裁好きです。

左はグルジア国旗。
右はどう見てもEUの旗ですが…


グルジアってEUに加盟してたっけ…???

高級ホテルや官庁にもさりげなーくEUの旗がたってました…
国公認でやっちゃってる…?

何度EUの加盟国を調べてもグルジアの名前は見当たりません…
てかあのマケドニアが候補に入ってるのに驚きました…

建物、向かって右手に金色のプレートが…

7176.jpg

なんて書いてあるんだろう…(汗)
「裁判所」的な感じでしょうか~???

それにしても…
グルジア文字萌~(*´∀`)

もう一枚プレートが。

7175.jpg

開いてる時間でしょうか?

うーん…
察するに10時~18時開いていて、11時~14時は昼休み?



相変わらずというか…
建物がデカすぎて裁判所全体はフレームに入らず…無念です!


7178.jpg

デカいよ~

小窓から中を覗く事が出来たので
警備員に隠れてコソコソと激写☆

7181.jpg

中も結構キレイ~


裁判所はなぜか裏通りの寂しいところにありました。
ちょっと油断すると壁に落書きが…
何て書いてあるのかサッパリです☆

7183.jpg

貧しすぎて、まだ落書き文化が発達してないようです~(笑)

7179.jpg

裁判所から見た通り…
一応高級住宅地です。


グルジアには日本大使館も観光局もないので
裁判所を調べるのにはこれが限界でした…すみませ~ん
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。