--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月01日 (日) | 編集 |
変換 ~ DSCF1389
世界一小さな国、バチカン市国。
カトリックの総本山でありローマ法王がここにいます。

おとぎ話のような国ですから、
警察官もおとぎの国から出てきたみたいな衣装です。

変換 ~ DSCF1356
こんなのとか…

変換 ~ DSCF1378
こんなのとか…


変換 ~ DSCF1362
護衛風景です

パトカーはフィレンツェの駅で見た2人乗りタイプのものが
広場を自由に走り回ってました~


ちなみに…あのカラフルな制服ですが。
ウィキで調べてみると↓

バチカン市国は一切の軍事力は保持していない。警察力もスイスからの傭兵である“市国警備員”がいるものの、基本的にイタリアの警察に依存しているため、「別国」でありながら、実際の警備はイタリア国家警察(Polizia dello Stato)が行っている。 なお、公共に開放されている区域への入国は原則的に自由で、イタリアとの国境の管理や検疫は行われていない。2005年の教皇ヨハネ・パウロ2世の葬儀では各国から首脳や貴賓が参列したため、テロを警戒してイタリア軍がバチカン一帯の警備を行った。

教皇の衛兵としてスイス人衛兵が常駐している(2007年現在110人)。1505年1月22日に教皇ユリウス2世により創設され、1527年、ローマがカール5世の神聖ローマ皇帝軍に侵攻された際(ローマ略奪)、身を犠牲にしてクレメンス7世の避難を助けた。現在はスイス国内でカトリック教会からの推薦を受けたカトリック信徒の男子が選ばれている。その制服は一説にはミケランジェロのデザインとも言われるが、1914年に制定されたものである。スイス人衛兵たちは一応武器の携行はしているものの、本質的に儀仗兵である。


(・∀・)ヘェ~
変換 ~ DSCF1384
飛ばしてま~す

変換 ~ DSCF1385
こっちにも!

変換 ~ DSCF1388
ヒュウ~☆

変換 ~ DSCF1508
おしゃべりに夢中な警察官もいっぱい♪

変換 ~ DSCF1505
3人乗りできるんだ…!
友達でも乗せてるのかなと思いきや
トランシーバーみたいなの持ってるので
私服警官なのでしょうか…


法王の話を聞いてフラフラ歩いていたら
爆音とともに続々とバイカーがやってきました!


変換 ~ DSCF1499
すごいバイクの数です!

変換 ~ DSCF1501
警察官のバイクもありました!

変換 ~ DSCF1502
バイカーはいかつい女警官と記念撮影してましたw

変換 ~ DSCF1503
かっこえぇ~♪


離れたところで違うバイク隊も発見。

変換 ~ DSCF1509
バイク隊~
なんかみんなムチムチしています☆

変換 ~ DSCF1510
いつまでお喋りが続くのやら…
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。