--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月22日 (土) | 編集 |
2007年10月

Հայաստանի Հանրապետություն  Երևան
(アルメニア エレバン)
Armenia.png



バイヤーと古着屋を一日かけて探したりと
今までにないくらいのんびりと過ごしていました。

この店は外国にしては珍しく、かなり小さい服が揃ってるので
私でも問題なく着る事ができます(*´∀`)  


夜ご飯はブルガリアで買った醤油をふんだんに使って
バイヤーにチャーハンを作ってもらいました。
チャーハンは美味しいですね。
早く日本に帰りたい…切実に思いました。


バイヤーと近所の子供の撮影をしてハァハァしたのはいい思い出です。
7757.jpg

お姉ちゃん


7759.jpg

妹(天才肌)


バイヤーと一緒にエレバンを散策しました。
ご飯屋さんやら古着屋を開拓するのはとても楽しかったです♪

7700.jpg

毎日のように食べに行ったアルメニアピザ。

7762.jpg

結局注文することのなかったサラダ
てか、野草盛り???


7691.jpg

サッカー場にも行きました~

7690.jpg

自分の席わかんねぇ~!!


7674.jpg

パトカーも読めねぇ!!


何気なく歩いていたら
衝撃的なステッカーを発見☆

7812.jpg


7813.jpg



文房具屋さんでした(・∀・;)
消しゴムが舐めて消す…斬新です!



滞在してた時、フランスでは「アルメニア年」だったそうで。
そう言われてみればやたらフランス人を見ました。

フランスのドキュメンタリー映画フェスティバルを
なぜかエレバンで開催中です。
7821.jpg



2本立てで1.5ドルだったので
バイヤーに誘われるまま行ってきました~(・∀・)

1本目はグルジアの葬式を追ったシュールな作品でした。
グルジア語の英語字幕。
ま、特に問題なく観れました(・ω・)
グルジアに行ってきたばかりだけど、
葬式なんかに出くわした事ないからとても新鮮で面白かったです。


休む間もなく2本目。
アメリカのドキュメンタリー。
英語なので字幕一切なし。
結構キツかったけど、内容が簡単だったので問題なし(・ω・)
アメリカは本当は宇宙に行ってなかった的なやつです。
でもオチは全部架空のやらせドキュメンタリー作品。
それっぽい台本を作って役者を立てたというもの。
インタビューの内容は細かくわからなかったけど、
オチに気づいただけ良かったです…
内容はバイヤーにコソコソ聞きました(照)


街の中心にある映画館はとてもキレイで居心地もいいんだけど、
アメリカ映画も全部ロシア語吹き替えなので観れません…ハハハ

アルメニアなのになんでロシア語吹き替えなんだよー

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。