--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月22日 (土) | 編集 |
2007年11月

Լեռնային Ղարաբաղ 
(ナゴルノカラバフ)
Nagorno-Karabakh.png



ナゴルノの見所は「廃墟」だけあって廃墟だらけ!
首都以外は廃墟マニアにはたまらないんじゃ…と思うほど廃墟でした。

一番でかい廃墟、アグダムに潜入しました。

「民族浄化」という暗い歴史…
アグダムは首都ステパナケルトの北26kmの地点にあり、
保障占領地にある事実上の最前線です。
民族浄化により完全に無人・廃墟となった
数々のアゼルバイジャン系の町の中でも最大規模の町だそうです。

5万人住んでいた街が廃墟となっただけあって
ものすごく広い廃墟でした。

現在は最強に仲の悪いアゼルバイジャンとのピリピリ地域なので
基本的にタクシーを降りる事は許されず隠れて撮影してきました。

てか、本当は外国人は入れません。

しかし、不思議な事にそこら辺をウロウロしてる
暇そうなタクシードライバーに声をかけると行けちゃいます。
ちょっとのワイロが必要ですが(・ω・) 

仕事のない彼らにとって「アグダム行き」を止める人などなく
むしろやる気満々でふっかけてきます。

トビリシで知り合った旅人にタクシー料金を聞いていたのですが
その値の3倍から値段交渉が始まりました…orz

タクシーでアグダムに入りました。
2回だけ降りることが出来ましたが数秒だけ。
しかも軍人らしき人間がこちらに寄ってきたので慌てて退避。
タクシードライバーも怯えてるので
諦めてステパナケルトへ戻りました。


タクシーも廃車寸前…?
7940.jpg


入ってすぐ目に飛び込んだ「民族浄化」の傷跡…
7921.jpg



7938.jpg

5万人住んでいたとは思えない静けさです

7923.jpg

美しい教会の壁画もボロボロでした

7933.jpg

建物も破壊されつくしています

7927.jpg

静寂に包まれていました

7948.jpg

たまに車を降りて撮影させてもらいました

7949.jpg

ここには人が住んでいたのでしょうか…

7966.jpg

見れば見るほど無言になっていきました。


ほとんどタクシーの窓から見る事しか出来ませんでしたが
見渡す限りの廃墟を見て民族浄化という
恐ろしい現実に触れる事は出来ました。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。