--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月01日 (日) | 編集 |
今日も親子丼食べに行きました~♪(*´ω`)


今日は三条にある「鳥彌三 あざみ」というお店に行きました。


DSCN8209.jpg
烏丸御池駅下車、
京都文化博物館のろうじ店舗にありま~す


あざみさんはランチタイムが17時までというありがたさ。
14時半過ぎに起きましたが余裕で間に合いました♪


この親子丼…
今まで食べた中で一番美味しかったです!
卵の硬さも鶏肉のまろやかさも完璧でした…!感動!!
店はきれいだし店員さんも非常にいい雰囲気だし…

何をとってもナンバーワンでした!

親子丼はランチタイムのみ食べられます。


DSCN8216.jpg
小鉢、味噌汁、漬物がついて880円!


山椒は日本3大薬味、七味家さんのものです!
(人´∀`)贅沢~♪



DSCN8213.jpg
お店はとても落ち着いた雰囲気でした


絶対絶対おすすめします~
京都へお越しの際はぜひぜひ☆



そして四条でブラブラ買い物して(無職なのにいい身分です!)
二条の映画館へ行きました。


「誰も守ってくれない」という映画を観ました。
女児2人を刺殺して逮捕された18歳の兄を持つ妹と
その妹をマスコミや社会から保護する刑事の話です。

兄が逮捕されたところから話は始まるのですが
加害者の家族がマスコミや社会から身を隠すために
家裁の人が家に来て両親をすぐ離婚させ、
父親を母親の婿養子にし、姓を変えさせます。

そんな事するんだ~と驚きました。


そして事情聴取の為、家族はバラバラにされ
家宅捜査に立ち会っていた母親は追い詰められ
警察が目を離した隙にトイレで自殺。


ストーリーはどんどん進んでいき
加害者の家族の辛さが伝わってきました。


しかし…
気になる点がひとつ。


加害者の家族を執拗に追いかけるマスコミや社会の人達として
ひとつは新聞社の社会部の記者が出てきて
(加害者の家族も死んで償え!と過激発言をする)
もうひとつはキ●ガイなネット住民が酷いことをします。

ネットで加害者やその家族、そして刑事などの写真や住所・電話番号などの個人情報が流され
いかにネット住民が狂っていて怖いかを映画で伝えてるように感じました。


ワイドショーのリポーターも十分タチ悪いと思うんだけど…
テレビの人たちはそういう場面で一切出てこない。




フジテレビが作ってるから仕方ないんだろうけど…



なんとも色々考えさせられる映画でした。
観てよかった。


スポンサーサイト
テーマ:食べ歩き!
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。