--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月18日 (火) | 編集 |
2007年8月

Kongeriget Danmark København
(デンマーク コペンハーゲン)
Denmark.png



裁判所の場所を教えてもらう為、日本大使館へ。
デンマークの大使館は、街の中心地近くにありました。

40322.jpg

日本大使館

応対していただいた中年男の職員さんは、
かなり横柄というか見下し系で感じ悪かったです。
あの職員がいる限りこの国に二度と来たくないなってくらい。

一応窓口なんだから、
いち旅行者に対しても常識的な範囲でいいので対応して欲しいです…

イライラしながら大使館をあとにしました。


裁判所へ行く途中の歩行者天国になってる
いつも賑やかな通りには大好きな大道芸人がいっぱいいて
通る度にテンション上がってました…(*´Д`)ハァハァ  

4074.jpg

あまりに景色に馴染みすぎて
通行人に大道芸人だと気づいてもらえない人も…!!
(こうなると商売にもならない)


コペンハーゲンの裁判所は中央駅から歩いて行けます。
(地図や細かい住所は盗まれたリュックの中です!エーン)


4152.jpg

裁判所~

4150.jpg

ちょっと寄ってみました~★フッフ~



4082.jpg

入り口は立派なドアです~


裁判所の立派な石造りの階段には
いつもゲイカップルが腰掛けてチュッチュしています。
裁判所と知ってか知らぬかゲイカップルが沢山座ってイチャついてました。

あとで調べてみたら、コペンハーゲンはゲイ&レズビアンの旅行者にとって
かなり人気のある場所なんだそうです。

特に自分が滞在していた8月のあたまは、
コペンハーゲン・プライドという
一年で一番大きなお祭りがあったそうです!(・∀・)ヘー
知ってたら潜入してみたのになぁ…残念です!

とりあえず建物中に入ってみました。
金持ち北欧人は、日本人に対して寛容なので怖いものなしです☆


4129.jpg

エントランスホールです~
天井が高く(てか高すぎです!)とても広かったです☆
そして無人…

サマーバケーション中か…?(´・ω・`)ソワソワ

4130.jpg

とても古い建物のようで、床がかなりいい感じに歪んでました~


4131.jpg

しつこいけど出入り口の引きの画像です~♪
(いや~入り口だけでかなり興奮してます)


4083.jpg

そして入ってすぐ正面に見える写真です~
正面に部屋がありますが、何の部屋かわかりません。
左右に分かれて長い廊下があり、そこには沢山の法廷が並んでいます。

4089.jpg

左右に延びる廊下~ハァハァ

荷物検査もなく警備員がいないのをいい事に
そそくさと探検してみる事にしました。

インフォメボードを発見(・∀・) 
文字フェチにはたまらんデンマーク語です!ハァハァ
4084.jpg


階段にも丁寧に案内がありました。
4106.jpg



まずトイレチェックをしてみる事にしました~♪
ヨーロッパってどんなに立派な建物でも
トイレにガッカリする事が多いので…
日本のトイレ事情は本当に素晴らしいです!


4085.jpg

地下へ降りる階段はこんな感じ

4111.jpg

地下にもインフォメボードがありました~


あまり期待してなかったトイレですが…


4109.jpg

デザイナーズトイレ?と思えるほど
モダンなトイレ(そして清潔!)でした~( ゚∀゚)さすが北欧!
ただ、トイレが半地下にあるため窓の外の足音と影が気になります。

4094.jpg

法廷が並ぶ細い廊下はとても雰囲気たっぷり☆
ライトがとても可愛かったです~♪


法廷の前の張り紙。

左下の赤い紙は何の数字なのでしょうか…?
勘の悪い私の考えでは傍聴できる人数ではないかと…

他の法廷の前には違う数字が…↓
4100.jpg


予定表はこんな感じです~
全く読めません!!
4086.jpg


あまりに裁判所の雰囲気が素晴らしかったので
ハァハァしながら何枚も写真を撮ってしまいました~♪


4101.jpg

美しい~。゚+.(・∀・)゚+.゚


4103.jpg

廊下も可愛い~。゚+.(・∀・)゚+.゚


4118.jpg

サイコー。゚+.(・∀・)゚+.゚

扉が開いている部屋を見つけ、近づいてみると…


4096.jpg

二重扉…!!

裁判はやっていませんでした…残念。

廊下をどんどん奥へ進んでいくと
突き当たりの部屋から検察官らしき女性が沢山出てきました。


4119.jpg

このそばにオフィスがあるのでしょうか…!!ドキドキ



4122.jpg

このあたりの階段は木製でした~(萌)


4127.jpg

階段に置かれている灰皿。
建物内は禁煙なのに、弁護士さんや職員さんらしき人達は
ここに立ってタバコを吸っていました~

お腹いっぱいになったので
入り口のインフォメに立ち寄ってみました。

室内はとてもシンプルにまとめられていてとても清潔でした。

4132.jpg

かなり大きいモダンな絵が飾ってありました。

カウンターにオバチャンが一人。

私「英語話せますか…?」

オバチャン「…ノー!」


(´Д`;)ガーン


「そっかぁ…」と言いつつも外国人並みのゴリ押しで英語で話してみました。
だって私もデンマーク語話せないもん!
オバチャンだってきっと何だかんだ言って私くらいのレベルのはず…

見事に伝わりました☆

サマータイムって事で一日10~20件前後しか公判はないそうです~ガーン
「今日はもうないわよ」とオバチャンに言われました。
まだ15時なのに…
裁判所が閉まる時間もかなり早いようです。

「明日また来たいんだけど予定表ない?」と聞くと
「読めるの?」と渡してきました。


4090.jpg

これがコペンハーゲンの公判予定表です!ヒュ~

熱心にメモしてたら、男2人組が入ってきました。
どうやら自分達の裁判はいつなんだ?と聞きにきた様子です!
うわ~あの人達何したんだろう…!!(*´艸`) ドキドキワクワク

4092.jpg

問い合わせてる2人

2人が私を見つけて「ハイ」と声をかけてきたので
「何しにきたの?」と無垢な笑顔で聞いてみました(´∀`*)

2人は目を合わせ照れたように笑いながら
「車に乗って事故った。飲酒運転…」とモジモジ答えました。

飲酒運転…!
いかにも北欧らしい(なんとなく)

「君は何しにきたの?」と聞かれたので
「旅行だよ~観光してるの」と言うと

「これからパブに行くんだけど一緒にどう?」と誘われました。


酒でもうすぐ裁判受ける奴の言葉とは思えませんな( ´_ゝ`)

オバチャンに次の日の新件(アパートでの窃盗)を薦められたので
朝一で裁判所に行く事にしました。


次の日の朝、早く起きて裁判所へ。
さすがに朝早かったからか、階段にゲイカップルはいませんでした。
子供3人が座ってアイスをペロペロ舐めてました。

この日もとても暑かったです!


早く着いてしまったので
少し探検をしてみたら図書室を発見しました。
4143.jpg



でも職員限定で潜入できず…


4140.jpg

傍聴した法廷はココ!17号法廷です。


4137.jpg

もちろん二重扉っ!

開廷時間になり、恐る恐る部屋の扉を開けると傍聴人ゼロ。
驚きのあまり目を見開いて私を見てる裁判長、検察官、弁護人、書記官。

「入ってもいいですか?」と聞くと
みんな笑顔で「プリーズ」と手招いてくれました(*´∀`)

法廷に入るとまず裁判長のすぐ後ろにある
大きな2つの窓が目に入りました。
光がたくさん入ってきて気持ちいいです。
窓辺には花の鉢がいくつか置かれていました。

裁判官の席は少しひな壇になっていて3席ありました。
イスは鮮やかな赤色です。

美しいラインの黒い長机にはガラスの水差しとコップが置かれていました。
デスク用の黒いライトはシンプルながらも素敵なデザインでした~

パソコンはDELLでした(・ω・)ジロジロ


壁にはインフォメにあったようなモダンな絵がありました。
とても大きな絵なのに違和感ナシです♪

裁判長は40代くらいの綺麗な女性で
薄いパープルのキャミワンピにジャケット。
時計もブレスレットもとてもオシャレな感じでした~
さすが北欧のキャリアウーマンです☆

向かって右側が検察官、左側は弁護人が座っていました。

検察官(1人)と弁護人(2人)は中年男性で
3人ともネクタイはせずブルーの半そで襟付きシャツでした。
クールビズ…?

検察官は世界のスピルバーグみたいな顔をしていました。
そういえばエピソード3まだ観てない…('A`)

弁護人は坊主で赤ら顔のジィ(酔ってるの…?)と
毛がフサフサで労働者系の顔をしたジィ。


被告人は男女の刑務官に後ろ手錠で拘束されての入廷。
ずっと証言台に座らされていました。


開廷するや否や全員スイッチオン。
みんな肩をすくめて両手を仰ぎ「ナーイナイナイナイナイ」と連発。
しかも4人全員w

何事?

ちょっとずつ白熱してきました。


完全に自分、置いていかれてます!


…と。


いきなり扉が開きました!


ビニル袋に飲みかけのビールを入れたジィ様が
いきなり入ってきました!


誰!?



チラッと私を見て静かに出て行きました…


(゚д゚)ェェェェェェェェエエエ!! 


何だったんだろう…
ただの傍聴人でしょうか…???

白熱した討論は尽きません。
しかしよく観察してみると、
このケパブとか路上で売ってそうな労働者顔のジィの話は
みんな聞いてなくてビックリしました。

裁判長はこのジィが話してる途中に何度も大きなため息をつき、
パソコンをいじりはじめました。

そして仕舞いには立ち上がって水を飲む始末…w


どんだけ空気読んでないんだろう…この労働者顔のジィ。
言葉がわからない事がこんなにもどかしくなるなんて…(ノД`)


大揉めに揉めたまま閉廷。


お昼になったので近くでランチをしました。
デンマークってバイキング料理が有名らしいのですが
普通のご飯でも十分美味しかったです。


午後は飲酒運転を傍聴。
昨日インフォメで会った2人組を思い出しました。

被告人の父親と思われるおじさんがヘラヘラしながらゆっくり入ってきました。
Tシャツに半パン、サンダル。
そして汚いビニル袋を手にしていました…

テロが騒がれてるこの時代に
なんてものを持ち歩いてるのでしょうか…!!

と思いつつ、ビニル袋の中には明らかにビールが入っています…ハァ
左腕には大きな刺青がありました。


この見た目緊張感ゼロの男は入ってくるなり
「暑いからもっと窓開けてくれよ」と要求。

女検察官が入ってきました。
細身の黒いスーツに身を包んだ美女です。
日本もそうだけど、女性検察官ってなぜか痩せてる人多いです。
食べる暇もないくらい勉強してるのかなぁ…?

10分ほど遅れて被告人の登場です。

なんと女弁護士と手錠で繋がれていました。
これがこの国のスタイルなのでしょうか…
初めて見ました!

被告人の後ろには男女の刑務官がいました。
2人ともノーネクタイで水色のシャツに紺のズボンです。

裁判官の登場に一同が起立をしました。
日本と違って礼はしません。

裁判官は左から女、女、男と座っていました。
真ん中が裁判長のようです。
裁判長は40代くらいの綺麗な女性で、
白と黒のチェックのワンピースを着ていました。

まずは被告人の本人確認。


…と思ったら、男の刑務官がソッコー寝てました!( ゚Д゚)ゴラァァ
しかも日本の刑務官のようにひっそりとバレないように寝るわけでもなく
両足を前にダランと伸ばしてのガン寝です!
女刑務官の方は体を思いっきり斜めにして足を組みリラックスしてる様子。

いい仕事だなぁ…


検察官が起訴状を読み上げました~

その間、全く動かない被告人…
生きてるのでしょうか?

ちなみに被告人も父親に負けずラフな格好で
水色のTシャツに赤い半パン、サンダルと
今すぐ海に行けそうな感じでした(ノ∀`)アィター

ガンガン攻撃態勢で質問する検察官に対し
オドオドと答える被告人…
弁護人がなんとか助け舟を出しますが
ほとんど効果がないほど攻められています…!


裁判長が質問する時はボイスレコーダーみたいなものを手にして
バスガイドのように喋っていました。

被告人が弁護人の隣に座ると、証人の登場。

証人はカップルで来ていて腰に手を回したまま笑顔で入廷。
彼氏の方は用がないらしく傍聴席に座って彼女を見守ってました。

女証人は金髪(地毛じゃなかった)で、
赤いスカートに黒いセーターを着ていました。
こんな暑いのにセーター…

ま、極寒の地で半袖一枚の外国人をよく見るので
それを考えれば逆のパターンもおかしくないか…

でも冬っぽい服装なのに金のビーサンはどうかなと思いました。

いきなり背もたれに肘を置いてリラックスポーズ。
この女、やるなぁ。

検察官は地図などプリントアウトしたものを
自分で配り歩きました。
日本だったらここで書記官とか事務官出てくるんだけど…
あれって無駄な行為だなと思ってたけどやっぱり無駄な事だったのか。

地図の印刷が悪いのか指してる道路が見つからずみんな苦笑いw
必死で探しています!

そして笑いながら勢いよく喋る女証人。
空気も読まずガンガン喋ります。
途切れる気配ゼロです。
何度も話を切り上げようと試みるけど失敗する検察官w


私がこの証人が言って理解した事といえば
「被告人は事件当時、上半身ヌードだった」という事。


これは果たして重要なのか…
事件の内容が全く見えないです!

証言が終わると裁判は終わりました。
次回はいつなんだろう…


【オマケ】
探検してて見つけた黄色い壁ゾーン(萌)
4158.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。