--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月14日 (日) | 編集 |
2008年10月

المملكة الأردنّيّة الهاشميّة إربد
(ヨルダン イルビット)
600px-Flag_of_Jordan_svg.jpg



日本語ペラペラ、バサムと再会。

バサムとの出会いは10月。
イルビットという町をトコトコ歩いていたら
日本語で話しかけてきたヨルダン人です。

お母さんは日本人(岡山)…!
バサムはイルビットの大学で陶芸を教えています。
日本に一度も行った事はないし、
日本人のお母さんはアラビア語ペラペラだったのに
なぜか日本語を流暢に話すバサム。


その時は少し立ち話をしただけでしたが
「またイルビットに来るよ~」と言ったら
「ほんと~?じゃあ電話してよ~」
と電話番号を渡されました。


本当に電話したら会えるのか…
と不安でいっぱいでしたが…

今日は一緒にご飯を食べて
チャイ飲みながらシーシャ吸って日本語でお喋り。

1022390244_85.jpg
よく喋る、喋る、喋るw



バサムの元教え子で
今はアンマンの大学で先生(と大学生の彼女)も来ました。

シーシャ屋ではバサムの大家さんも。
狭い町ですな、イルビット。


1022390244_228.jpg
大家さん(左)とアンマン大学の先生


そして現在4年生の教え子も途中参加。

バサムは日本語で私たちに話し続けます。
久々に日本語を使えてとても嬉しそうですが、
ヨルダン人の2人は当たり前だけど全く日本語わからず…



ちなみに日本人のハーフだという事は
生徒や友人に話していないそうです。

ハーフだと何かといじめられ(てた?)るからかな…?
と心配になりましたが…



「だって言ったらお母さんとお父さんどうして知り合ったの~?とか、何で日本に行った事ないのぉ~?とか、日本のパスポート見せてぇ~とか言われて面倒臭いんだもん」







え、それだけ…?







「いじめ?ナイナイ。いじめられないよ~」と一言。
それは良かった。



23時からバルサVSレアルの試合という事で
カフェは早くからざわつき始め、
店内のテーブルは全て片付けられ
イスはテレビに合わせて配置されたので
私たちはお店を出ました。



バサムはヨルダンで唯一の陶芸の教授なんだそうです。
陶芸といえばイラクが一番なんだそうで
バサムの先生はみんなイラク人だったけど
みんな国に帰ってしまったから今はバサムだけ。

バサムは大学院まで行って卒業した後
そのまま先生になったんだそうです。



バサムがつけている腕時計は
2002年に王様にもらったんだそうです。

「わ~すごいねぇ~(笑顔で)ちょうだい」と手を出すと
「エ~!?ダメダメダメ~」と笑顔で大きく首を振って
「見るだけだよ~?」と時計を外して見せてくれました。

「MADE IN CHINA?」と聞くと
「エー!違ウヨー!」とまたまた笑顔で大きく首を振りましたw
スイス製でした。



いつか東京で個展を開きたいそうです。
日本に来た事のないバサム。

協力してあげたいな~
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。