--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月10日 (日) | 編集 |
広島、長崎の原爆の日がきましたね。
今年はオリンピックのせいかニュースで取り上げられることが少ないような…けしからん。


昨日はグルジア会をしました。
自称国家ナゴルノを一緒に旅したTさんと久々の再会です。

ブログではこの辺りで登場してきます
海外一人旅07’【コーカサス編】
海外の裁判所【コーカサス編】


プラス・バイヤーの3人でご飯食べてお茶しました。
グルジア、アルメニアでずっと一緒だった3人です。


グルジア今、ヤバいですね。



戦争になっちゃうのかな~心配。



てか、私たちが心配していたのは戦争になった場合、
今、アルメニアにいる旅行者はどうやって国を抜けるかっていう話題でした。
グルジア会なのに…w
アルメニアは旅人にとって結構熱い地域なので…

アルメニアの左隣にはトルコがありますが、
クルド人問題で最強に仲が悪く
トルコ・アルメニア間の国境が閉鎖されていて常にピリピリ状態。
アルメニア→グルジア→トルコと抜けるのが一般的なルートです。

アルメニアの下にあるイランはビザがすぐ取れないし
多分日本人旅行者が国境でビザを取るのは難しいので現実的ではありません。
ま、イランに入れたら左にあるトルコ(最近は電車でも国境越えられるようになりました)に抜けられるし、
右にはパキスタンがあります(誘拐地帯を通りますが)。
でも予定もないのにパキには行きたくないな~
その先には中央アジアしか広がってないし(´・ω・`)ショボーン


アルメニアの右下にあるアゼルバイジャンも
最近まで戦争していたのでナゴルノ問題で最強に仲が悪く、
確かグルジアの入国スタンプがあったらアゼルに入れなかったはず…。
ちなみにアルメニア対アゼルのサッカーの試合は
アゼル人の暴動でFIFAに怒られ試合没収になったそうです。

アルメニアは日本人の旅人のオアシスなんですがね~
私が旅行していた時はちょっとしたブームでした。
ご飯はそこそこ安くて美味しいし。
キリスト教なので豚肉も酒もOKだし。
あと世界一美女がいる国だし(眉毛濃いけど)
グルジア人みたいに目はギラギラしてないし(トビリシは何気に危険地帯です)
夏のこの時期はリダの家(無許可宿)が日本人旅行者でいっぱいなんじゃないでしょうか。

あの辺りを旅行するにはビザのいらないグルジアってかなり重要な国です。
大使館ないけどne(σ・∀・)σ



どうなるのかな~

Tさん
「グルジア軍道大丈夫なのかな」

バイヤー
「グルジア軍道辺りなんてまさに自治州の近くだからダメでしょ~もう行けないね、メスティアもヤバいんじゃない?行っておけばよかったかなー」


「でもメスティアは最近まで山賊が問題だった地域だから大丈夫じゃない?ゴリの近くも(スターリンの生まれた地で世界で唯一スターリン像が建っている都市)も爆撃されたみたいだよ。バス停の近くなんてバラックみたいな家ばっかりだったのにね。行っておいてよかったよ…」

Tさん
「俺、ゴリに行ったっけなー」

バイヤー
「俺は行ったけど、入場料が高かったからスターリン博物館に入らないで帰ってきちゃった」


なんて話を南船橋のららぽーとで和やかに話しました。
日本って平和ですね。


で、Tさんは私たちと会う前日に「エルサレム会」をしたそうです。
なんとなく行ったイスラエルだったそうですが、
色々な国や宗教の人間が行き来し非常に刺激的だったそうです。
あまりにエルサレムの居心地が良かったために3週間近くいたとか。ひぇ~


私も次回の旅でイスラエルに行くので興味深く話を聞きました。
エルサレムは5日くらいいれば十分かなと思っていましたが
もっと長居してしまいそうな気がしました。


空路で入る予定なのでパスポートにスタンプを押されたらどうしようと
それだけが不安です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。